ゆめたか接骨院【スタッフブログ】

あなたは「スマホ首」や「ストレートネック」になってない? | 2022/06/20

首や肩のこりがほぐれない、頭が重い感じがする、眼の痛みやかすみで集中できない……。
そんな悩ましい不調の原因は、首が正常な位置より前に出てしまっている「スマホ首」かもしれません。

現代人の約8割が発症しているといわれるこのスマホ首。肩こりや眼精疲労だけでなく、自律神経やエイジングに悪影響を及ぼすこともあります。
また、スマホの使用だけでなく、長時間のデスクワークが原因になることもあるため、長時間労働に陥りがちなテレワーク時も、注意が必要です。

スマホやパソコンを長時間使用するなど、うつむく姿勢を続けたとき、私たちは首の後ろ側に違和感を覚えます。
整体やマッサージで、「首の後ろ側のこりをほぐしてほしい」とお願いする人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際に大きな異常を起こしているのは、首の前側なのです。

首の前側には「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」という大切な筋肉があります。
この筋肉が前方に引っ張られて過緊張を起こすと、首のこりや頭痛、めまいなどさまざまな不調が引き起こされます。
最近は、うつむいた姿勢でスマホやパソコンを使用し続けて、首が前に出てしまう人が少なくありません。
そのため、この状態は「スマホ首」と呼ばれています。
他にも、料理や掃除などの家事に集中しているときや、子どもを抱えるときなども、前傾姿勢になりやすいため注意が必要です。

スマホ首になると、首・肩こりや頭痛、目の疲れ、猫背、腰痛などの影響が出るだけでなく、最悪の場合はヘルニアになってしまうこともあります。
また、首のしわ、顔まわりのたるみといった美容面にも悪影響を及ぼす他、自律神経失調症になったり、
うつを引き起こしたりするなど、心に影響を及ぼす場合もあります。

例えば、右手を握って手首を曲げてみると、手首側の筋肉が収縮して、強く緊張するのを感じると思います。
「手首側の筋肉=胸鎖乳突筋」と考えると、常に首が前に出た状態であるスマホ首が、首にどれだけ負荷をかけるかがわかりますね。
では、あなたはスマホ首なのかセルフチェックをしてみましょう。

かかと・お尻・肩甲骨・後頭部の4点を壁にピタッと付けて立ってみてください。
このとき、後頭部が壁に付かなければスマホ首といえます。もし後頭部を付けられても、
胸のあたりが詰まって息苦しかったり、姿勢を維持するのがつらかったりするときは、スマホ首が疑われます。

次の項目から3つ以上チェックが入る場合は、早めに対策をしたいところです。
・スマホを使っているときに、首こり、肩こりを感じる
・見上げるとき、首に違和感がある
・首がつまって上を向くことができない
・長時間うつむき姿勢でいて、姿勢を変えることが少ない
・目が疲れやすい
・ドライアイである
・猫背の姿勢がほとんど
・1日5時間以上、スマホやパソコンを使っている
・身体が疲れやすいと感じる
・やる気が起きない
・スマホを枕元に置いて寝ている
・睡眠不足を感じることが多い
・なんとなく身体に不調がある

スマホ首は「ストレートネック」の予備軍です。
正常な首は、頸椎(けいつい)がゆるやかなカーブを描いています。この頸椎のカーブが消失した状態が「ストレートネック」
スマホ首によって筋肉が拘縮して固まり、その状態を放置しておくと、関節が変異してストレートネックに発展します。
ストレートネックは治すのが非常に難しく、最悪の場合は下半身麻痺につながることもあります。
そのような状態に陥らないためにも、正しい姿勢を維持してスマホ首を防ぎましょう。

首は身体の中でも特に大切な部位のひとつです。美しい姿勢や首のカーブを維持し、心身ともに健やかに過ごせるよう心がけていきましょう。

年齢を重ねると共に加速する肩こり…その原因とは? | 2022/06/15

どうして肩こりになるのか?
人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。
首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。

肩こりを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などが挙げられます。
それらの要因が単独、または、互いに関連し合いながら肩こりを引き起こします。

筋肉の緊張=人間の肩は重い頭と腕を支え続けています。
首と肩の周辺には、さまざまな筋肉があり、これらは重い頭や腕を支えて立っているだけで、緊張し続けています。
緊張が続くと筋肉が疲れて疲労物質がたまり硬くなります。
それが血管を圧迫して血液の循環を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりして、こりや傷みを起こします。

また、血行不良になると、筋肉に十分な酸素や栄養が供給されず、筋肉に疲労がたまって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。
更に症状を強くする日常生活動作の誘因として、
・デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている(VDT作業症候群)
・いすと机のバランスが悪く偏った姿勢を続けている
・かばんをいつも同じ方の肩にかける
・長時間冷房のきいた部屋にいて体が冷えている
などが挙げられます。

普段何げなく生活している中で偏った姿勢を続けたり、緊張した状態を続けたりしていると筋肉が疲労して肩こりが起こりやすくなります。
加齢による骨や腱の衰え=頸部脊椎症、五十肩の症状も一つの原因です。

人間の背骨がゆるやかなS字カーブを描いているのは、重い頭や腕を支えながら二本足で歩けるように、
姿勢を保つため背骨の間には「椎間板」があって、衝撃をやわらげるクッションの役割を果たしています。
年を取ると、このクッションがだんだんつぶれて硬くなり「頸部脊椎症」といわれる状態になり、
これも首や肩の痛み・こりの原因になります。40歳ごろからみられはじめます。

50歳前後に起こる肩の痛みは、「五十肩」の場合があります。「肩関節周囲炎」という病名が使われることもあります。
腕を体の後ろに回すこと、例えば腰の後ろでエプロンのひもを結ぶ動作がしづらくなるなどが特徴で、
腕を上げようとするときに痛みを感じます。
原因は明らかではありませんが、肩関節をとりまく腱の組織が老化して、使いすぎによる炎症が起こっていると考えられています。

その他にも意外と関係の無さそうな病気で貧血、低血圧、高血圧などの症状があるときは肩こりを起こしやすくなります。
また、狭心症や心筋梗塞、胃潰瘍などが原因になっていることもあります。
更に、目の病気がある、視力に合わない眼鏡をかけ続けている、歯のかみ合わせが悪い、
虫歯があって片方の歯でしかものをかめない、などが原因になっている場合もあります。
また、不安・イライラなど長く続くストレスが肩こりを誘発するともいわれています。

ゆめたか接骨院では痛みの症状の原因に合わせた治療はもちろんの事、日常生活動作やご自宅で出来るセルフケアのアドバイスも行っております。本当に大切な体づくりのお手伝いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

これって五月病? | 2022/06/06

4月は、進学や就職、人事異動で、生活圏や職場など、新しい環境に変わることが多い時期です。かつては、入学入社ののち、目標を失って無気力になったりする状態を五月病と言っていました。

ゴールデンウィーク明けに、これらの症状を訴える方も多くいらっしゃいますが、6月くらいに症状が出ることもあり、六月病と言われたりもします。
新入社員だけでなく、4月に新たな生活が始まった人たちも同じような状態になることがあります。
この時期には、環境の変化についていけず、想像と違う現実の生活に失望したり、人間関係のストレスがはっきりしたりして、知らぬ間に心身が疲れ易くなります。

症状としては、意欲低下や憂鬱感、疲れ易い、食欲不振、頭が重い感じ、不眠、めまい感、不安、イライラ感、など自律神経の乱れは体に色んな影響をあたえ、日常生活もままならなくなる人もいます。

当院では体の大黒柱である背骨・骨盤の歪みからくる肩こり・頭痛・背中痛・腰痛・膝痛・股関節痛の痛みを矯正によって解消するのはもちろんの事、自律神経の調整の施術も行っていますのでちょっとした不調など気になることがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

膝の骨が飛び出す!?子供に多い膝の怪我 | 2022/05/16

オスグッドシュラッター病とは、太ももの前面にある大きな筋肉(大腿四頭筋)が付着している、膝のお皿の下にある脛骨粗面を引っ張りすぎることで骨や成長軟骨を剥離させてしまい、痛みや腫れが起こる疾患です。

10歳~15歳くらい(小中学生)の成長期の男の子に多く、スポーツをされていると起きやすくなり、特にジャンプなど膝屈伸が多いバレーボール・バスケットやダッシュやキック動作をする野球・サッカーなどを行っている方に起こりやすくなっています。

◯症状

痛みがでる場所は膝のお皿から指2〜3本ぐらい下のところにでます。
症状としては
1.膝のお皿の下骨が突き出てくる。
2.膝のお皿の下あたりが赤く腫れる、熱を持つ、痛みがある。
3.運動をすると痛み、安静にすると痛みが軽減する。

◯治療方法や予防法

オスグッド病の主な原因は使いすぎにより太ももの筋肉が硬くなることによって引き起こされます。
なので一番の治療、予防法は安静にすることです。
運動後患部に炎症が起きたり、部分的な剥離を起こしている場合はアイシングも効果的です。
そして症状を悪化、繰り返さないためには、 運動前と後に大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を伸ばすストレッチをして柔軟性を保つことが大事です。

これまでと同じように運動を続けてしまうことにより、根本的な改善がされていないため、かえって長期の運動休止や成人後に再発といったオスグッド後遺症を発症する場合もあります。
早期回復・再発防止のためには、使いすぎによる筋肉の硬さや身体の歪みを正し、全身のバランスを整えることが大切です。
ゆめたか接骨院では骨盤を矯正して左右均等に負担がかかる状態にし、筋肉が硬くなるのを予防して痛みの改善、そして身体全体のバランスを整えることによりパフォーマンスの向上、根本改善を目指します。
痛みで運動ができないお子さんや立ち上がりが難しいなど日常生活にも支障があり心配に感じているという方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

ゴールデンウィークは交通事故が増加する!? | 2022/05/12

四月末からの大型連休が終わり、忙しい毎日が戻ってきました。
当院では連休明けから交通事故の問い合わせが急増しています。
毎年ゴールデンウィークでなぜ事故が増えるのか…

①車の整備不良
空気圧、ブレーキの利き、ガラスの状態、ランプの汚れなどを遠出する際に事前チェックを怠ると、
走行中に不具合を起こし大きな事故に繋がってしまいます。

②連続運転
休憩を取らずに長時間の運転をすると交通事故のリスクが高くなります。
4時間以内の運転であれば10分の休憩をこまめに取り、
4時間以上の運転なら30分の眺めの休憩や、仮眠を取りましょう。

③不慣れな道での運転
連休で遠方へ出かけた際に普段走り慣れていない道ではミスが起こりやすいです。
不慣れな場所では速度や周辺の状況に注意しながら走行しましょう。

④渋滞でのイライラ
連休中は帰省ラッシュで数十キロの渋滞が起こる可能性があります。
渋滞中は誰しもがストレスがたまります。
その渋滞をやっと抜けれた時に速度を出しすぎて事故を起こすことがあります。
イライラしても常に安全運転を心がけましょう。

いかがでしたか?
いくつか思い当たる節がある方もおられると思います。
今回の連休では運が良く事故に遭わなかったという方でも上記のことには気をつけてください!
次の連休はお盆休みになりますが、連休直前はガソリンスタンドや整備工場は混雑します。
早め早めの行動を取りましょう。

万が一交通事故に遭ってしまった場合はすぐにご連絡してくださいね!

鵞足炎とは | 2022/05/10

【鵞足炎とは】

鵞足炎は、膝の内側やや下部に縫工筋・薄筋・半腱様筋の3つの筋が扇状についており、
それが鵞鳥(がちょう)の足のように見える為「鵞足」と呼ばれています。
その部分に痛みや腫れが起きている状態のことを言います。

サッカーやバスケットボール、水泳(特に平泳ぎ)ランニングなどをスポーツをされている方に多く
運動前の準備運動不足、運動後のケア不足や過度な運動などオーバーユーズ(使いすぎ)によって筋肉が固くなってしまうことが原因だと考えられます。また姿勢や身体のバランスが悪いと膝に負担がかかりやすくなりそれによって痛みが発生する場合もあります。

【鵞足炎の症状】

痛みや腫れが出る場所は膝の内側。膝の皿のやや下部になります。
押したりしても痛みがでることもあります。
膝の曲げ伸ばしで痛みが起きやすく動きとしては、
①歩行時
②階段などの段差昇降
③椅子などからの立ち上がり
などがあります。

予防法としては
①運動前後のストレッチをしっかりと行う。(膝周りを中心に)
②運動後や痛みが出たときはアイシングで冷やす(20〜30分ぐらいを目安)
③練習量を調整し、痛みがあるときは安静にする。

気をつけてほしいのは膝の痛みが続くと歩行や姿勢などに影響を与え、猫背やO脚になることがあります。なので早期に対応、予防することが大事になってきます。
そして鵞足炎は再発しやすいと言われていますので筋肉を柔らかくすることと患部を安静にすることが重要で根本改善するには歩行時や座位時の姿勢改善や筋肉の柔らかさを維持することが大切になってきます。

姿勢の改善と筋緊張緩和を同時にできるのがゆめたか接骨院独自の「全身矯正」です。
骨盤を矯正し背骨などを正しい位置に戻し、姿勢を正し筋肉が緩みやすい状態をつくっていきます。
ゆめたか接骨院は痛みの「根本改善」はもちろん本当に大切な体づくりのお手伝いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

肘の外側が痛む方はご注意ください! | 2022/03/24

日常で肘の外側が痛むことはありませんか?

物を持ち上げたとき、タオルや雑巾を絞るとき、手を握る動作など…

もしもそうしたときに肘の外側が
痛いと感じたらそれはテニス肘かもしれません。

【テニス肘とは】
正式名称を「上腕骨外側上顆炎」といい、
テニスプレーヤー(初心者)によく起こる症状なのでテニス肘と呼ばれています。

主な原因としては運動や仕事など、手の使い過ぎた結果
筋肉(短橈側手根伸筋)の緊張が原因で、筋肉の付着部が炎症を起こして発症します。

肘の外側から手首や指を伸ばす筋肉が付着しています。
逆に内側からは手首や指を曲げる筋肉が付着します。
外側が痛いとテニス肘、内側が痛いと野球肘と呼ばれます。

共に使いすぎによって起こる症状なので、
手を使わなければ痛みは落ち着くことが多いです。
しかし仕事や家事などで必ず手は使うので、なかなか痛みが引かないことがほとんどです。

【当院での施術方法】
当院ではまず体の歪みを整えていきます。
歪みがあると神経や血液の流れが悪くなってしまうので、
体に不調が出やすくなったり、怪我の治りが遅くなってしまいます。

そして次に筋肉にアプローチしていきます。
今回のテニス肘も筋緊張が原因なのでその原因となる筋肉を緩めていきます。
同時に関節の動きが悪ければ、本来の関節の動きを作っていく手技を行います。
関節の可動域が悪くなると、他のの関節がカバーしようとして痛みが出やすくなるためです。

最終的には筋力をつけていきます。
使いすぎで痛めることが多い症例ですが、日常生活で手を使わないのは不可能です。
ですので、酷使しても痛くならないような体を作っていく必要があります。

【予防法】
・痛みが出る動作を避ける。
・使い過ぎた後にはアイシングをする。
・運動前後のアップやクールダウンしっかりする。
・テニス肘バンド装着する。

日常生活で肘周りが痛いなと思ったら当院にお問い合わせください!

寒さに負けない、体のケアを | 2021/10/19

寒くなってきましたね。接骨院の前に歩きも色がつき始め『秋だな〜』と実感することが多くなってきました。

寒くなってくるとぎっくり腰になりやすかったり、自律神経が乱れやすかったりもします。

そのような症状が出てこないよう。きちんと予防が必要となります。

お風呂や温泉の効果はリラックス効果を中心に様々あります。


【物理作用】

☺︎  温熱作用 疲労回復

効能:ぬるめはリラックス、熱めはリフレッシュ

☺︎  水圧作用 むくみ・だるさ解消

効能:水圧によるマッサージ効果、血流・リンパの流れ促進

☺︎  浮力作用 リラックス

  効能:浮力により緊張緩和


温泉の成分は体の不足した成分を満たしてくれます。

そのため、神経痛、関節痛、筋肉痛、関節のこわばり、冷え性、疲労回復、健康増進に適応する効果を発揮します。今は、なかなか温泉にいけませんが、お風呂でゆっくり温まりましょう。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
【ゆめたか接骨院・整骨院】〒930-0804 富山県富山市下新町3-5
ページ上部へ