ゆめたか整体院【スタッフブログ】

冷え性について | 2021/07/26

私たちの体は食べたものを胃腸で消化吸収します。

これをもとに筋肉や内臓で常に熱を産生し、血液の流れによって全身へ行きます。

体温調節は脳の視床下部にある体温調節中枢が司令塔になり熱産生・放散を増減します。

冷え症とは、血液の流れが悪いため毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し、そのために手足などが冷えてしまう状態のことです。

気温とは関係なく体が温まらないので、真夏であっても冷え症の症状は出ます。冷え症には日々の生活習慣が大きくかかわっています。


【原因】

■運動不足 ■食生活の乱れ ■ストレス ■自律神経の乱れ

■喫煙 ■便秘

■体質的な問題(自律神経失調体質、鉄分不足体質、ホルモン不規則体質)


【種類】

*末端タイプ*

原因 血液ドロドロ・血管が細い・過度のダイエット

対策 適度な運動

バランスの良い食事

体を中から温める

*下半身タイプ*

原因 骨盤の歪み・姿勢の悪さ・筋肉の硬さ・セルライト

対策 長時間の同じ姿勢にならない

運動・骨盤矯正

体を中から温める

*内臓タイプ*

原因 ストレス

自律神経の乱れ

対策 温かいものを摂取

自律神経を整える

カイロや腹巻

*全身タイプ*

原因 基礎代謝の低下

慢性疲労

甲状腺の機能低下

対策 適度な運動

バランスの良い食事

症状が辛い場合は病院へ


あてはなるものはありましたか?

当院では骨盤矯正・背骨矯正はもちろん自律神経の調整のメニューもございます。

気になる方はお試しください♪

 

柔道整復師 谷井

季節の変わり目はぎっくり腰に注意!! | 2020/09/29

台風が過ぎ去ってから気温が下がり、秋らしい気候になってきました。
こういった季節の変わり目はぎっくり腰の患者さんが多く来院されます。

なぜ夏〜秋、秋〜冬にぎっくり腰になりやすいかというと、
日中は気温が上昇しますが朝晩は冷え込みます。
気温が下がると体が冷えて筋肉が硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなると体を動かした際に筋肉の繊維が切れてしまい、
ぎっくり腰になってしまいます。
気温以外にも台風などで気圧の変化により筋肉が硬くなってしまいます。

対処法

①身体を温める
シャワーだけで済ましている方はしっかり湯船に浸かって体を温めましょう。
寝る際には腰回りを冷やさないように腹巻きを巻くのがオススメです。
起床時は体が冷えて硬くなっているので、冷たい飲み物を飲まずに、
常温のものか、白湯などを飲んで体の中から温めましょう。

 

②歪みを整える
歪みがあると体のどこかしらに負担がかかってしまいます。
歪みのなく左右対称で筋肉が柔らかい上程になると、
ぎっくり腰やその他の怪我、体の不調を予防できます。

 

③ストレッチをする
筋肉が硬いとぎっくり腰になるリスクが高くなってしまうので、
ストレッチをして、筋肉をほぐしましょう。
お風呂上がりにするとより効果的です。

 

④筋肉をつける
体は骨と筋肉によって支えられています。
筋力が低下すると腰への負担が大きくなり腰痛になりやすくなります。
腹横筋という筋肉はコルセットのような形状をしていて、
この筋肉を鍛えることでコルセットの役割をしてくれるので、
ぎっくり腰の予防になります。

 

万が一ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰になると痛めた日から数日は強い痛みがあります。
その数日は安静にして患部を氷水などで冷やしてください。
ぎっくり腰になると患部に炎症が起こるので、お酒は控えて、
お風呂に入る際は浴槽に浸からずにシャワーだけにしてください。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
【ゆめたか接骨院・整骨院】〒930-0804 富山県富山市下新町3-5
ページ上部へ