骨盤矯正で根本から改善!

足底筋膜炎(足底腱膜炎)

  • 朝起きて足をつくと足の裏が痛い
  • 歩いているとかかとのところが痛くなる
  • かかとが地面につくとチクッとする
  • 足の裏を指などで押すと痛む
  • 痛みが気になって運動などに集中できない

かかとから始まり足の指の付け根までくっついている、膜のように薄い筋肉ことを「足底筋膜」「足底腱膜」といいます。その役割は足の指などを動かすための筋肉を衝撃などから守り、足の裏のくぼみである土踏まずを作ることです。

この膜状の筋肉がランニングやジャンプなどで負担がかかり、炎症を起こしてしまうことを「足底筋膜炎」「足底腱膜炎」といいます。

足の裏に広範囲にくっついていますが、痛みの多くはかかと部分に起こり、次に足の指の付け根部分に多く起こります。

負担がかかる原因は|ゆめたか接骨院・整体院

筋肉は酷使した分だけ負担がかかり、疲労物質などの老廃物が溜まって硬くなってしまいます。硬くなると古びたゴムのように伸び縮みしにくくなり、骨とくっついている部分や筋肉自体にケガを負ってしまいます。

酷使する要因としては、以下のような例が挙げられます。

①運動によるもの

ランニングやジャンプなど足をよく使うスポーツに多いです。地面に着地する衝撃や踏ん張る動作などに耐えきれなくなると起きやすくなります。

②長時間立つことによるもの

仕事などで立つことが多く、長時間歩き続けることで足に老廃物が溜まり、筋肉が硬くなってしまいます。硬くなるとさらに老廃物が溜まりやすくなり、悪循環を繰り返してしまいます。

③足の形によるもの

土踏まずがあることで衝撃が緩和され足に負担がかかりにくくなるのですが、扁平足(土踏まずが正常に形成されていない状態)だと負担がかかり発症しやすくなります。また、ヒールを履く行為は足底筋膜をずっと引き延ばす状態になり、これも足の負担になります。

原因を理解したうえで|ゆめたか接骨院・整体院

上記のような原因がわかれば、対策をうち改善していくのみです。原因を取り除き、硬くなってしまった足底筋膜が柔らかくなれば改善へ向かいます。

①運動によるもの

炎症がある場合、冷却と安静が必要です。炎症を氷や水などで冷やし、運動を控えてください。炎症が鎮まり痛みが緩和されれば、冷却の必要はありません。

②長時間立つことによるもの

足に老廃物を溜めないように、また、足の筋肉を硬くさせないように、温めて血流を良くする必要があります。入浴などでリフレッシュしましょう。

③足の形によるもの

後天的なもの(生まれた時は通常だったが、生活を送っている途中でなってしまったもの)であれば、原因をつくってしまった生活習慣の改善が必要です。ヒールを履くことが原因だった場合、ヒールは避けスニーカーなどを選びましょう。

 

ただし、上記の改善点はあくまで例えです。一人一人によってライフスタイルは全く違うため、別の原因によって発症している場合も、原因が複数重なっている場合もあり得ます。

ゆめたか接骨院・整体院は一人一人の生活環境から原因を探し出し、改善へ導けるようお手伝いさせていただきます。お困りの際は、当院までご連絡ください。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
【ゆめたか接骨院・整骨院】〒930-0804 富山県富山市下新町3-5
  
  • 交通事故治療
ページ上部へ