骨盤矯正で根本から改善!

変形性膝関節症

  • 膝の曲げ伸ばしで痛みがでてきた
  • 昔はできていた正座が出来なくなった
  • 膝が痛くて階段の上り下りがきつい
  • 膝がこわばってしまい長い時間歩けない
  • 昔と比べて、膝の形が違う

膝の軟骨や半月板(衝撃を吸収するクッションのような役割をもつ軟骨)が変形したために膝にこわばりや痛みが出る病気のことを、変形性膝関節症といいます。

膝を長年使ったために軟骨がすり減って発症するものを「一次性」、ケガや病気によって発症したものを「二次性」と区分されています。

 

「膝に水がたまる」状態とは?|ゆめたか整体院

変形性膝関節症の症状の1つに、「膝に水がたまる」というのがあります。

この「水」というのは医学用語で「関節液」のことを指します。「関節液」とは、軟骨同士の摩擦を少なくする滑潤剤のような役割と、軟骨に栄養などを与える役割をもつ液体のことです。

しかし変形性膝関節症は、膝の軟骨や半月板が変形したことにより、変形部分が他の軟骨と当たり、膝の動きにくさや痛みを生み出します。この痛みに身体が反応し、関節液をどんどん作り出して摩擦を少なくしようとします。こうして関節液が作り出され溜まった状態を「膝に水がたまる」といっているのです。

変形した軟骨が当たる→動きにくさや痛みが出る→関節液を作り出す→軟骨同士が当たる→…

この悪循環をどこかで断ち切らない限り、病院で水を抜いたとしてもまた溜まる状態が続きますし、軟骨がさらにすり減り悪化するのです。

膝にとっていい環境を整える|ゆめたか整体院

軟骨は一度傷ついてしまうと”完全に元の状態に戻す”ことは難しいです。だからこそ、今以上に悪化させないように、軟骨をすり減らさないように、変えていく必要があります。

 

まず、膝に水が溜まっている場合ですが、これは膝の水の流れを正常に戻さなくてはいけません。正常な膝ですと、身体と膝との間に水の循環がおこっていますが、変形性膝関節症の場合ダムのように水の流れがせき止められているために溜まるのです。この流れをよくするには血流をよくする必要があります。身体の中にある液体は血管を通るからです。

次に、傷ついた軟骨を少しでも修復するには、酸素と栄養が必要です。これはすり傷などのケガであっても同じです。軟骨に栄養などを与えるのは膝の水、つまり関節液の役割なので、こういった面でも血流をよくし膝への血流量を増やしていくべきです。

最後に、軟骨同士の当たりを少なくするために、膝の関節の隙間を作ってあげます。正常な膝であっても軟骨同士は当たりますが、膝に負担がかかっていると軟骨同士の隙間が狭くなり、その分当たりが強くなって変形を強めてしまいます。隙間を作ってあげることで、余裕が生まれて負担を減らすことができます。この隙間を作るカギは、膝まわりにある筋肉にあります。実際に、膝に痛みをかかえている方の筋肉を確認すると硬さがあります。この筋肉の硬さをとると楽になりやすいのです。

 

このように、痛みがあるから…と膝ばかりみるのではなく、全身を確認していく必要があります。ゆめたか整体院は「根本改善」に向けてお手伝いさせていただきます。お困りの際は、まず当院へご相談ください。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
【ゆめたか接骨院・整骨院】〒930-0804 富山県富山市下新町3-5
  
  • 交通事故治療
ページ上部へ