骨盤矯正で根本から改善!

変形性股関節症

  • 歩くと足の付け根に引っかかりを感じる
  • 椅子から立ち上がると痛みが走る
  • 股関節がこわばってうまくしゃがめない
  • 痛みをかばった歩き方をしている
  • 医者から手術を勧められたがしたくない

股関節は、太ももの骨の上端にある球状の部分と、骨盤にある受け皿のような部分(寛骨臼)とで構成されています。

この股関節にある軟骨が何らかが原因で変形したために股関節周辺にこわばりや痛みが出る病気のことを、変形性股関節症といいます。

 

一般的な治療法とは|ゆめたか整体院

変形性股関節症の原因は大きく2つに分けられていて、長年使ったために軟骨がすり減って発症するものを「一次性」、ケガや病気によって発症したものを「二次性」と区分されています。

 

どちらも、

①股関節の損傷具合

②片方か、あるいは両方の股関節か

③年齢、筋力の程度、体重、スポーツ活動の程度、職業

④治療に費やせる時間

など、総合的にかんがみて治療法を選択していきます。

 

・薬物療法

薬をつかって、痛みを和らげるのを目的としています。炎症を鎮める薬や、痛みを感じにくくする薬、湿布薬を処方されることが多いです。

 

・運動療法

股関節まわりの筋肉をつけることで、股関節の負担を減らし変形の進行を遅らせることができます。ストレッチや筋肉トレーニング、水の中での運動などが一般的です。

 

・手術療法

股関節の損傷が大きく、他の治療法では改善されにくい場合、手術を選択されることが多いです。変形部分以外はなるべく温存する「骨切り術」と、股関節の骨を人工物に取りかえる「人工股関節置換術」が一般的です。

 

ゆめたか式治療方法は|ゆめたか整体院

軟骨は一度傷ついてしまうと”完全に元の状態に戻す”ことは難しいです。だからこそ、今以上に悪化させないように、軟骨をすり減らさないように、股関節まわりの環境を変えていく必要があります。

 

傷ついた軟骨を少しでも修復するには、酸素と栄養が必要です。これはすり傷などのケガであっても同じです。軟骨に栄養などを与えるのは関節の中を満たす液の役割です。この液に酸素と栄養が届くように、股関節への血流量を増やしていくべきです。

 

また、軟骨同士の当たりを少なくするために、股関節に余裕を作ってあげます。正常であっても軟骨同士は当たりますが、股関節に負担がかかっていると軟骨同士の隙間が狭くなり、その分当たりが強くなって変形を強めてしまいます。余裕を作ってあげることで、負担を減らすことができます。これを作るカギは、股関節まわりにある筋肉にあります。

運動療法のように筋肉をつけることも必要ですが、痛みをかかえている方の筋肉を確認すると”筋肉の硬さ”があります。この筋肉の硬さがあると、うまく伸び縮みできないので運動効果が少なくなったり、痛みが強くなったりします。筋肉の硬さをとってあげることで、股関節の負担が減るだけでなく、運動効果が十二分に発揮されやすいのです。

 

このように、痛みがあるから…と膝ばかりみるのではなく、全身を確認していく必要があります。ゆめたか整体院は「根本改善」に向けてお手伝いさせていただきます。お困りの際は、まず当院へご相談ください。

 

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
【ゆめたか接骨院・整骨院】〒930-0804 富山県富山市下新町3-5
  
  • 交通事故治療
ページ上部へ