骨盤矯正で根本から改善!

外反母趾

  • 足の親指の付け根が痛い
  • 足の親指がの付け根が変形している
  • 足の親指に体重をかけにくい
  • ぶつけた覚えはないが腫れている
  • 治療方法がいまいち分からない

外反母趾とは、足の親指(母趾)の付け根が人差し指の方向に”く”の字に曲がってしまう(外反する)、足の変形のことをいいます。

この変形が軽度〜中度の場合、親指の付け根に炎症が起こるため、痛みや腫れ・赤みなどが現れます。また、変形により神経が圧迫されると神経痛やシビレが出てきます。

重度の場合、親指と人差し指・中指とが重なるぐらいに変形が進み、親指に荷重をかけることがきつくなります。

外反母趾に伴い内反小趾を発症しうることもあります。

※内反小趾…足の小指(小趾)の付け根が薬指の方向に曲がってしまう(内反する)、足の変形のこと。

 

外反母趾の原因|ゆめたか整体院

外反母趾の原因には大きく2種類あります。

 

1つ目は、遺伝的要因…つまり、生まれながらにして持っている原因です。

例えば、男性よりも”女性の方が外反母趾になりやすい”ということです。

女性は男性と比べて、筋肉や靭帯が柔軟で関節が柔らかいためといわれており、外反母趾患者さんの約90%が女性であるという数値が出ています。

また、”足の人差し指より親指の方が長い”人は発症しやすいともいわれています。

靴を履いて歩いた時に、足の親指と靴先が当たりやすくなるため、それを避けようと親指が人差し指の方向へ逃げてしまうのです。

 

2つ目は、非遺伝的要因…つまり、日常生活による原因です。

代表的なのが、かかとの位置が高く靴先が細い靴…”ハイヒールを履く”ことです。

かかとの位置が高いことでつま先への負担が大きくなりますし、靴先が細いことでつま先が狭いスペースに押し込まれる状態になってしまいます。

足先が靴に合わせようと形を変えてしまうことにより外反母趾(+内反小趾)になってしまいます。

あわせて、ハイヒールだけではなく、スニーカーなどの普通の靴でも起こりえます。

外反母趾になりやすい靴として挙げられるのは、”自分の足のサイズと合わない靴”を履いていることです。

とくに、親指の付け根~小指の付け根の間(足囲)が狭すぎる、あるいは広すぎること、つま先部分に自由に動けるスペースがないこと、靴先~指先の隙間がないこと、これらが外反母趾を発症させるリスクになります。

 

悪化させない方法は?|ゆめたか整体院

一般的には…

・装具を使って足の親指への負担を少なくする方法

・自身の足に合った靴を選ぶ方法

・外反母趾を予防する体操をする方法

・手術をして変形した部分を取り除く方法

…などがあります。

もし一般的な方法で変化を感じにくかったときは、ゆめたか整体院の施術をお試しください。

上記の遺伝的要因(生まれながらにして持っている原因)に関しては変えることはできませんが、非遺伝的要因(日常生活による原因)に関しては変えることができます。

外反母趾を悪化させないように、また、再発しないように、施術させていただきます。

 

施術内容としては、まずゆめたか独自の”骨盤矯正”を施します。

一見、足と骨盤はかけ離れていて無関係そうに思えますが、実は密接に関わっています。

身体の中心にあり、土台である骨盤に歪みがあると、通常よりも足への負担が大きくなりますし、逆もしかりです。

また、痛みをかばうことによって歩き方や体重のかけ方などが左右不平等になりやすいです。

これらを骨盤矯正することで本来の身体の使い方を取り戻し、足の親指への過度な荷重を軽減したうえで、ほぐしやストレッチ・テーピングなどを施し悪化を防ぎます。

この正しい身体の状態が身についてくれることで、再発をも予防できます。

 

このように外反母趾をつくる原因を断ち切り、良い状態へ導いてあげることで、個人差はありますが改善していきます。

 

もし外反母趾でお悩みでしたら、一度ご連絡ください。

 

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
【ゆめたか接骨院・整骨院】〒930-0804 富山県富山市下新町3-5
  
  • 交通事故治療
ページ上部へ