ゆめたか整体院【スタッフブログ】

肩こりになるには筋肉を硬くする原因があります。 | 2011/07/25

肩こりの経験が有る人は少なくはないと思います。この僕も、常日頃はまったく肩こりは気になりませんが、柔道で胸鎖関節を脱臼したあとは、なんだか肩こりのような症状が続いていました。交通事故でむち打ちになった後も肩こりがありました。また、空腹で炭酸を一気に飲んだときなど、肩がパーンとはるのが分かります。これは、胃の影響から肩こりになるんですよね。嫌なものですけど、毎回この現象を楽しんでいる僕がいます。そろそろくるぞ~、きたー!みたいな感じです。人の痛みを治すには、まず身をもって体験!そんな感じです。ちょっとおかしいですよね。柔道のケガの話ですが、接骨院の先生の国家資格は、柔道整復師というくらいですから、柔道家から始まった資格です。最近では、柔道との関係は薄くなってきていますが、それでも、授業では柔道の時間があります。こうみえても僕も柔道初段です。黒帯ってやつです。但し!超がつくほど弱いです。だから、勝負しよう!なんて絶対に言わないで下さい。僕がケガをしてしまうので。ということで、柔道でケガをしたのは、学生時代ですが、やはり投げ飛ばされて受身に失敗、肩から落下し、胸鎖関節を脱臼しました。ケガは痛いものですが、どうすれば痛みが和らぐか?自分の身体で実験ができたことは楽しいものでした。固定もこうすれば痛くない!なんて。自分の身体は自分が一番よくわかる、ということですね。

話を戻すと、肩こりは首から肩への筋肉が硬くなった状態のことをいいます。なぜ、筋肉が硬くなるのか?様々な原因が考えられますが、むち打ちや首の捻挫、肩の捻挫や脱臼などのケガから起こる肩こりもあることを知っておいてください。筋肉は必ず骨についています。その骨が脱臼や捻挫などで動けば当然、筋肉も捻れます。となると、筋肉の血行が悪化し、筋肉は硬くなるのです。ですから、肩こりになるには、筋肉を硬くする原因があったのです。

ゆめたか接骨院では、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)については、各種保険が適用されます。また、交通事故でのケガ、追突事故でのケガにも、自賠責保険が適用されます。いずれも、安心して治療していただけるために、保険診療での治療計画をたてて治療をさせていただいております。ですから、保険適応の範囲かどうか分からぬようなときは、一度ご相談ください。

第48回患者勉強会を開催、食事の話題にはみんな真剣です。 | 2011/07/22

第48回患者勉強会を開催しました。48というと、AKBと連想するのは僕だけでしょうか?毎日テレビにAKB48がでていると、国民の記憶には、とどまるようです。ゆめたか接骨院もテレビとはいきませんが、USTREAMやYouTubeでひとりでも多くの方の記憶にとどまるような、情報をお伝えできればうれしいですね。その日のために、向上心をもって勉強するのみです。勉強というと、今まで一番勉強したのは中学3年のときです。受験のためですけどね。睡眠時間は5時間程度、あとは勉強をしていました。部屋の壁中に資料やら覚えるべきルーズリーフを張り巡らせていました。これだけやってるんだから大丈夫!と自分い言い聞かせているかのように。そのかいあってか、高校受験は合格しましたが、入学してからは勉強がはかどらなくなりました。まわりのみんなは僕よりも勉強していて、プレッシャーになってたんですね。それなりに勉強をして、あとは部活!で青春だ~と泳いでいました。そんなわけで、勉強というと、堅苦しいイメージですが、ゆめたか接骨院の患者勉強会は、勉強会らしからぬ、変わったリラクゼーション付きです。実際に参加してみないとわからない波動の世界、これを体感できるのです。次回は9月を予定していますので、ひとりでも多くの方の参加をお待ちしています。

ということで、食事は健康と美を追求して、楽しくいただく!食事制限というよりも、何をどうたべるか?ということをお話しました。健康も美も食事に関しては似たところがあるのです。

今回、勉強会の中でもオススメしたのが、院長も毎朝飲んでいる青汁です。飲みにくいかな?と思うかもしれませんが、意外といけちゃいます。当院でも販売していますので、ご興味のあるかたはご相談ください。ちゃっかり宣伝しちゃいました。

参加された方のご感想


今夜の患者勉強会の資料をみせちゃいます。 | 2011/07/22

本日夜8時~患者勉強会です。

その模様をUSTREAMで生中継しちゃいます。

8時から45分程度です。

ダイエット食については、力説しますよ。

後半はリラクゼーションなので、真っ暗になりますが、故障かな?

と思わないでさい。

それでは、患者勉強会でお会いしましょう。

その資料をこちら

YUMETAKA接骨院2011年7月22日患者勉強会資料

長生きの秘訣とダイエットの秘訣は似ていることを発見しました。 | 2011/07/21

『人生を長生きで健康に過ごすには、何をどのように食べるかである』という食事療法の本を読みました。また同時に、『ダイエットするには食事制限をするのではなく、何をどのようにたべるかである』というダイエット本を読みました。似てないですか?実はこれ、7月の患者向けセミナー(患者勉強会)のネタになっています。この患者勉強会も今回で48回。およそ5年になります。僕にしては続いているほうかな・・・と思います。飽き性というわけではなく、やりたいことが多いので、次から次へとチャレンジしてしまう性格なのです。学生時代のバイトも、喫茶店を2店舗、コンビニを1件、ファミレスの厨房、駐車場管理、そしてもっとも過酷なバイトは、荷揚げです。住宅などに使うボードを、4~5枚もって3階までのぼってあげたりしてました。真冬なのに汗だくになって仕事してました。きつかったので、今でもはっきり覚えています。大工さんはもっと大変なのでしょうね~。ご苦労さまです。という具合に、次々といろんな経験をさせていただきました。今の接骨院は、開業15年。その中で、治療法もあらゆる療法を勉強しましたが、今も尚、勉強中です。なぜかというと、時代の流れとともに、やり方も効果も変わるからです。医療は常に最新を追求されます。最先端医療はとことん進んでいきます。そして、僕らの接骨業界も、柔整マッサージだけでは痛みを最速で取り除くのは厳しい状況です。ですから、それに加えて矯正を加えたり、テーピングを加えたり、いろんな療法を加えて治療を行っているのが現状です。それは、患者さんの痛みを早く治したい思いからのことです。ボキボキというイメージをもってこられる新患さんもおられますが、ゆめたか接骨院の治療はとってもソフトです。それは、まるでメスを使う手術からレーザーを使う手術にかわったようなものです。つまり、痛みを治すための痛みがなく、痛みを治すというものです。複雑になりましたね。結論、痛くない治療で確実に身体の痛みを治します!これが言いたかったのです。ずいぶんと脱線しましたが、我慢する人生よりも、チャレンジする人生が好きということです。

そ~れはさておき、食事は健康にとってもダイエットにとっても重要です。食事の中身もその食べ方もです。消化と代謝に使われるエネルギーは同じものを分けあいます。食べ過ぎて消化にエネルギーをとられると代謝が鈍ります。逆に、消化にエネルギーが使われないと、代謝に十分エネルギーが使われます。食べ過ぎると胃に血液が集中し、脳の血液が不足し、ぼーっとします。お腹が空いてるほうが、脳の働きが良く、いろいろと考えれます。健康で長生きの秘訣は、食べ過ぎないということもありますが、実はこれだけじゃないのです。何を食べるか?が大事です。ダイエットも、食事制限をして成功しても、リバウンドに襲われます。これは、食べれないストレスからです。ですから、食事制限ではなく、何をどう食べるか?です。やっぱり似てますね。長生きの秘訣とダイエットの秘訣は本当に似ているのです。

第48回をむかえるゆめたか接骨院の患者勉強会では、何をどう食べるか?を解説します。参加無料ですが、予約制です。尚、USTREAMでも生中継します。7月22日夜8時~(45分) http://yumetaka.jp のホーム上、もしくは、USTREAMで yumetaka で検索してください。ひとりでも多くの方にみられたら、うれしい~と思う院長でした。

明日7月22日夜8時からは患者勉強会です。定員まで残り3名! | 2011/07/21

今回のテーマはこれ!

健康食事法とダイエット食

7月22日夜8時スタート (45分)

入場無料 予約制

定員までのこり3名

お申込は、メールまたはお電話で

info@yumetaka.jp

076-493-5660

前回の動画はこちら↓↓

同じ交通事故でも、むち打ちになる人とむち打ちにならない人がいます | 2011/07/20

日中、車に乗り込むと暑いですね~サウナのようです。後ろに水風呂があればいいのに・・・なんて思います。冗談ですけど。寒くなりましたか?ということで、暑さにのぼせてぼーっとしていると、追突事故などに注意が必要です。例えば、車に二人乗っていて追突事故に遭い、同乗者なのにケガの程度が違ったりする場合があります。むち打ちになった人、ならなかった人。この二人は何が違うのでしょうか?それは交通事故に遭ったときの肉体的・精神的状態の違いです。精神的といえば、双子座O型の僕は、結構プレッシャーに強かったり、ストレスに強かったりするようです。人前で話すことはとっても緊張するのですが、意外と好きだったりします。というのも、そもそもの目立ちたがり屋が原因のようです。小学5年のときに、ある決意をしました。卒業までの2年間、暑い日も寒い日も半そで半ズボンで学校生活を送るんだ!と。生まれ故郷である軽井沢の冬は水道が凍るほど、寒いものです。今思うに、無茶苦茶、そして、恥ずかしい~。母親は『服を買ってもらえないようで恥ずかしいからやめなさい』と言ってました。一度決めたら、引き下がらないのも双子座O型の特徴です。つまり頑固なんですよね。ということで、あれから2年間、軽井沢では超目立つ(特に冬場は)存在になりましたとさ・・・。どうですか、この精神力、というよりも我慢大会でしたね。接骨院でも2ヶ月に一度、患者勉強会を行い、10人程度の前でお話をしていますが、これもそのためかもしれません。(※次回の患者勉強会は7月22日夜8時スタート)

それはさておき、話を元に戻すと、交通事故に遭ったときに環境や状態によって、ケガの程度が変わる場合があります。ゆめたか接骨院に来院された交通事故の自賠責の患者さんの中でも、衝撃は小さかったのに脚をひきずる生活を6ヶ月も続けていた方がいました。6ヶ月目にはじめて当院へ来院されたのですが、ストレスを取り除く治療などを施した後、脚をひきずらなくなりました。これは、お茶碗に熱湯を注ぐようなものです。常温にあるお茶碗に熱湯を注いでもなんともありませんが、冷凍庫で冷やしたお茶碗に熱湯を注いだらどうなるでしょうか?お茶碗は割れます!つまり、そのときの状態によって結果は変わるのです。追突に遭ったときも同じです。何かストレスになっていたときに、ドン!とぶつかられたら気が動転どころか、肉体的にも精神的にも強くダメージをうけるということです。また、肉体的にも例えば身体の歪みがあったとして、本来ならば日常生活でのその歪みを、それなりにバランスをとっていたはずです。しかし、事故の衝撃で一気にバランスが崩れてしまうのです。まるで積み木がくずれるように。ですから、この崩れ方次第では、むち打ちも症状が強くなるということです。一方、事故のときにリラックスしきっていたりすると、『えっ、今なんかあった?』みたいな状況になり、むち打ちを避けて通れたりするものです。同じ追突事故でも、むち打ちになる人、ならない人はこんな感じで誕生するのです。

ゆめたか接骨院では、交通事故専門の治療をしています。肉体的にはもちろんのこと、精神的にもカバーできるような治療を用意しています。万が一、交通事故に遭われた、大切な家族が交通事故に遭われて、親愛なる友達が交通事故に遭われたなどの場合には、ゆめたか接骨院までご相談ください。お問い合わせはお電話かメールでお願いします。

電話 076-493-5660
メール info@yumetaka.jp

ゆめたかTV 食事の食べ方【ダイエット編】ダイエットをするなら食事制限は禁物です | 2011/07/19

毎週火曜の夜は、USTREAMでゆめたかTVを公開中です。今回は、今週金曜の患者勉強会でもしゃべろうと思っていたネタをチラリ・・・話しています。ダイエットを考えるときにまず思い浮かぶのは、食事制限ではないでしょうか。食べたいものを食べれない!これってストレスですよね。僕は小学校2年のときにある病気で入院生活を1ヶ月しました。入院中はおかゆばかりで、あたたかいお米が食べたい~!とあそこまで思ったのは、あの時が一番でしょう。普段はそんなに、好きでなかったお米も、いざ食べれないとなると、欲しくなるものです。脳が求めるんですね。そんな、入院生活のとんだアクシデントです。大好物のヨーグルトがでると、まとめて沢山たべたい!という子供心で、引き出しに隠し残していました。なんと、5個ぐらい。つまり1週間くらい暑い引き出しの中にヨーグルトが・・・あったわけです。それを母親が発見するとすぐに、「これ捨てるよ」⇒あ~無情・・・と思いつつ、もしそれを食べていたら、僕の入院期間はさらに延びていたでしょう。子供の思いつきでした。ということで、我慢はよくない!という教訓です。欲しいものはすぐに食べましょう!

話を戻すと、食事制限をすると結局はストレスになり、たとえダイエットが成功してもその後、勢い良く食べてしまいリバウンド状態になるわけです。であるなら、食べたいものはそのまま食べれて、ストレスにもならず、ダイエットできる方法は?こうなると、食べ方の工夫や同じ食べ物でも、代わりとなるものを利用するのです。これをすることで、ストレスなくダイエットが出来るのです。

ゆめたか接骨院の美容整体ダイエットコースでは、食事制限はありませんが、ある条件があります。しかし、その条件もある方法で、無理なく辛くなくできるようになっています。カウンセリングで具体的な内容はお話していますので、ご興味のあるかたは一度ご予約ください。カウンセリングは無料です。

色によって気持ちも変われば身体も変わります | 2011/07/16

好きな色、嫌いな色、人それぞれ違います。カラーセラピーという治療もあるくらいですから、色の持つエネルギーやパワーはあるのです。情熱の赤、冷静な青、健康になるには明るい色、癒しは淡い色といった感じです。また、その人の持つラッキーカラーや、潜在的にもつカラーもあります。今日の運勢は・・・何色の○○なんて、占いでありますよね。それがラッキーカラーで、潜在カラーはその人のもつ運命を背負うカラーです。日頃から身につけていると良かったり、自然と手にしていたりします。僕は青が好き、だから潜在カラーは青なんだ!という場合も感性と波動がよければありうることです。ちなみに、僕の好きな色は、ブルーです。しかもマリンブルー。やっぱり、海への憧れが強かったんですね。長野出身の僕は、なかなか海を見ることのなかった子供時代を過ごしていましたので、海ってこんないろなんだろうな~と妄想にふけっていたのです。それで、根強くブルーがしみついたのかも・・・。

それはさておき、カラーをテーピングに利用したものがあります。赤いテープは、運動能力を上げるときに使います。硬い筋肉を軟らかくするときに使います。そして、青いテープは炎症を抑えるときに使います。安静が必要なときや、固定が必要なとき、癒し効果のときに使います。このように、色で身体をコントロールする場合もあるのです。色を選ぶとき、身体にとって、自分にとって、何色?と自問自答してみてください。この色!とイメージできればその色があなたにとっての潜在カラーなのです。

ゆめたか接骨院では夏のキャンペーンとして、日頃の感謝の気持ちをこめて先着200名様に5色から選ぶトートバックをプレゼント中です。お早めのご来院をお待ちしております。

 

 

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ