ゆめたか整体院【スタッフブログ】

骨盤矯正しても日常生活で戻ります | 2012/03/04

人間の骨は、積み木のように存在していますが、骨だけで立っているわけではありません。首は7個、背中は12個、腰は5個、骨盤は腸骨・恥骨・坐骨・仙骨・尾骨とあり、人間の骨は全部で200個あります。そのすべてを動かすように筋肉が付いていて、支えるために靭帯が存在します。人間がある姿勢をとるには、必ず筋肉が働いているのです。筋肉は使い過ぎると疲労をおこし硬くなります。歩きすぎて脚が棒のようになる!なんて経験ありますよね。筋肉を使い過ぎると筋肉の中に乳酸がたまり、硬くなるのです。硬くなると筋肉は縮みます。縮むとその筋肉がついている骨を引っ張っていきます。それが、骨盤や背骨の歪みになるのです。

 
つまり、歪みの原因は筋肉にあるのです。骨盤矯正をしてもらったけど、すぐに戻っちゃった!とか、骨盤矯正をしたけど痛みやコリが変わらない!なんて場合は、筋肉が硬くなっていて、すぐに骨が引っ張られちゃってる証拠です。背骨・骨盤矯正をしたうえに、筋肉も柔らかくしないと、すぐに戻っちゃうってことです。また、どんなに正確で上手に矯正をしても、日常生活で動きすぎたり、無理な姿勢が続けば筋肉は硬くなるので、これもまた戻りの原因です。日常生活で十分に注意できればいいのですが、多くの方は現状の環境を繰り返してしまいます。歪みを繰り返す原因、痛みやコリが根本的に治らない原因は、この日常生活と筋肉にあるのです。
 
ゆめたか接骨院の背骨・骨盤矯正は、構造上の正しい状態に骨を矯正します。ボキッとかやらなくても、エッ!これだけで…みたいな感じで整ったことが確認できます。ちょっとしたことなんだね?と言われるくらいです。そして、骨の構造が整ったとこで、筋肉を柔らかくしていきます。これもまた、こんなんで柔らかくなるの?って思われるくらいの方法です。当院の治療は、基本的には痛みがなく終わります。もし、これだけ硬くなると痛みが出るとわかっていれば、その分、筋肉を柔らかくしておけばいいのです。使い過ぎても、柔らかい筋肉のほうが多い!という状態にしておけば、骨は引っ張られずにすみます。このことが、できれば根本的に痛みやコリを治した!と言い切れるのです。正しい構造に骨があり、メチャクチャ筋肉が柔らかい!ここに誘導するのが、ゆめたか接骨院の背骨・骨盤矯正なのです。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ