ゆめたか整体院【スタッフブログ】

目に見えない気分は伝わります | 2012/03/05

 

病は気から…と言われますが、目に見えない気の働きは重要です。気持ち・気分・気配・ヤル気・元気・病気など、目に見えない気を使った言葉は、人間の状態を表します。この気は漠然と存在するのではなく、流れを作っていたり、振動していたりします。つまり、これが波動なのです。元気な人の近くにいくと元気をもらえたり、嫌な気配を感じたら嫌な気分になったりします。気の振動が音叉のように伝わるのです。

 

この波動という振動には伝える力があります。何か同じことが連鎖して続いたり、同じような人が集まったり、まるで周波数が同じで引き寄せられるように同じ事や人が集中します。全てに波動があり、振動で引き寄せられている証拠なのです。では、この波動という振動の発信地はどこなのか?という疑問にいたります。振り子も押さなければ動きません。何らかのエネルギーを加えないと、物は振動しないのです。

 

ここからは、スピリチュアルな話になりますが、パワースポットへ行くと元気になる、病気が治った!なんて話があります。これはその場所の磁場であったり、土地のもつエネルギーだったりします。そのエネルギーの振動が伝わり、何かのの変化があるのです。余談ですが、作詞作曲をするアーティストはよく、何かをしているときに詩やフレーズが降ってくるといいます。五輪真弓さんは「恋人よ」の名曲を、掃除機をかけているときに降ってきて、わずか3時間でつくったそうです。 実は、ゆめたか接骨院のネーミングも、学生時代に名古屋で自転車に乗っている時にフッと名前が出てきました。今、思うとそれは降ってきた!ということなんですね。というわけで、振り子を押すエネルギーみたいなものは、自分が意識していれば、どこからか降ってくる!エネルギーなのです。今の痛みやコリ、病気、悩み、ストレスなどを解消しようとするならば、そのことに意識を向け降ってくるエネルギーを受け止める状態にしておけばよいのです。このエネルギーを受け止めやすい状態の身体にする方法が、波動を使った治療法なのです。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ