ゆめたか整体院【スタッフブログ】

機械的な治療だけでは治らない…交通事故治療で転院 | 2012/08/04

富山市だけでなく、高岡市や砺波、魚津方面からも交通事故の患者さまにご来院いただいております。なかには、現在の治療ではなかなか改善しないということで、転院されてくる方もいます。本日、来られた患者さまは、『機械的な治療だけで、症状の変化も何もきかれず、電気をかけ、マッサージだけされていた』と言われました。交通事故でむち打ちになられた方は、最初の一週間に大きな痛みの変化や、悪化が予想されます。とくにこの時期は、痛みの経過観察をすべき時期だと考えています。よくいわれるのが、事故当日は、あまり痛くなかったのに、翌朝から首から背中が痛くなってきた、頭痛がする、頭が重い、めまい、耳鳴り・・・などなど。交通事故に遭われた当日は、衝撃と精神的要因から痛みを和らげるホルモンが分泌されています。しかし、落ち着いてくるとそのホルモンは消え去り、痛みだけがのこっている状態です。これが、後からくる痛みの原因です。ですから、どんなに衝撃が少ない軽い事故でも、経過観察はすべき!と思います。このぐらい大丈夫!と安易に思わないほうがよいのが、交通事故のケガ、むち打ちなのです。

ということで、高岡市から来られる方に聞くと、『ゆめたか接骨院まで、そんなに遠くないよ~』と言われます。これは、痛みの軽減、そして、治癒へ向けた根本改善に期待していただけているということなのでしょうか、そうあってほしいものです。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ