ゆめたか整体院【スタッフブログ】

便秘と歪みについて 富山市 接骨院 | 2017/04/18

こんにちは(`・ω・´)
今回のテーマ便秘についてです
人間の身体は口➡食道➡胃➡十二指腸➡小腸➡大腸➡直腸となっていて、
一本の筒のような感じです。
そこを食物が通り栄養が吸収され体外に排出されるのですが、
大腸の働きが悪くなると、便通がスムーズにいかなくなり便秘になります。
身体にとって不要物で有害なので排便しようと大腸が動くことによって腹痛を感じるという具合です。
トイレに座ってもなかなか排便できないのは辛いものがありますよね。

胃と大腸は、胃大腸反射というのがあって動きが連動しています。ご飯を食べた後トイレに行きたくなるのは
その反応のおかげです。

【一般的に便秘とは・・・】
5日以上排便が硬くてなかなか出ない事、残便感がありスッキリしないことと言われています。
人間の内臓を支えているのは骨盤です。その骨盤の歪みから内臓の動きや血液が悪くなり便秘になる方もいらっしゃいます。

簡単にザックリ言うと内臓というのは、横隔膜の下にギチギチに詰まっていて膜で表面が覆われていたり繋がったりしています。
骨盤の歪んでいて体を支える筋肉に緊張やバランスが崩れると横隔膜の動きやお腹周りの筋肉の硬さから内臓の動きも悪くなってきます。
そこで重要なのは、正しい食生活もさることながら内臓本来の動きが出来るような歪みのない身体づくりです。

【ゆめたか接骨院では、特別診療コースとしてスペシャルコースがあります】
コースの特徴はゆめたか式整体の枠を集めたコースで、骨盤矯正をして身体が真っ直ぐな状態になる事で、筋の緊張も減り内臓の働きも正常に近づける事ができるので便秘改善のお手伝いが出来ると思います。
また、ご自宅ではリラックスした状態で深呼吸を意識的に行う事で効果倍増を期待できます。息を吸うのは自然と入ってくるのですが、吐く方は意識して吐き切るという事が重要なポイントとなります。息を吐き切ることで横隔膜の動きにより肺が縮こまります。
内臓は動ける範囲は大きく広がろうとします。意識した呼吸を繰り返す事で内臓が大きく広がろうとしたり、息を吸う事で圧力がかかったりと、まるでスポンジのように伸縮するので内臓が繋がっている膜も緩みやすく、蠕動運動(腸内の食べ物を動かす運動)もスムーズに行う事が出来るのです。
 

今回のテーマで一番お伝えしたいことは、骨盤矯正をすることで便秘が解消されるかもしれないという事です。
食生活も見直したり、薬で調節したりしたけど、なかなか改善されないという便秘でお悩みの方は一度ゆめたか接骨院で特別診療コースを受けてみてはいかがでしょうか。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
ゆめたか接骨院グループ

富山院 〒939-8211 富山県富山市二口町2−4−4
📞076−493−5660
環水院 〒930-0804 富山県富山市下新町3−5
📞076−464−6228
金沢院 〒920-0909 石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階
📞076−255−0398

《富山院》
Twitterは  こちらから
Facebookは こちらから
エキテンは こちらから
YouTubeはこちらから
採用ブログはこちら

《環水院》
エキテンは  こちらから
インスタグラムは  こちらから
Twitterは  こちらから
YouTubeは  こちらから
Facebookは  こちらから

スタッフTachiよりお届けしました🌱

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ