ゆめたか整体院【スタッフブログ】

痛みは脳が教えるサインです。 | 2011/10/04

痛みは嫌なものですね。この痛みから逃れるために、痛み止めのクスリや注射、あらゆる療法があります。効くもの効かないもの、人によって効く人効かない人、様々なのが現状です。ですが、この痛みは必要があって起こる現象なのです。従って、この痛みに原因があることを認識せずに、痛みをとった場合、再発の可能性があるということです。例えば、頭痛がある場合、頭痛の原因に肩こりがあったとして、頭痛薬で頭痛がとれても、肩こりがあればクスリがきれた頃に再び頭痛に襲われるのです。頭痛といえば、電車の中でiPhoneを使ってブログを書いた翌日に、物凄い頭痛に襲われました。これは目の疲れからと、姿勢による筋肉の緊張からときたものだと思いました。画面を見るということは、とっても辛いものだと思いまいした。そういえば、実兄も頭痛持ちだ?と威張っていたことを思い出します。今はどうしていることやら…。そうなんです。僕は次男なのでした。子供のころは兄のパシリでしたね。

ということで、痛みは、原因を分かることが重要です。痛みは脳が教えてくれる警笛です。痛みはどこからの痛みなのか?まずはそれを認識して、再発予防に心がけることも重要なことなのです。痛みは脳が教えてくれるサインなのです。

ゆめたか接骨院では、痛みを取る!ために治療メニューを豊富に用意してあります。あらゆる人や症状に対応できる様になっています。ですから、お悩みの症状や治療法がありましたら、ご相談ください。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ