ゆめたか整体院【スタッフブログ】

交通事故治療の誤解 | 2012/12/18

追突事故に遭われて、『このぐらい大丈夫!』と言って放置しちゃう方や、『加害者に悪いから~』と逆に気を使う方がいます。自賠責保険は人身のみでなく物損でも適応されます。つまり交通事故に遭われた場合、怪我の大小にかかわらず、しかるべき診断と治療を受けて後遺症やむち打ちの再発を防ぐことに集中することをお勧めします。最近、来院された方は転院でこられました。前医で『3か月たったので、保険打ち切りのため治療を中止します。』と言われ、一方的に終了させられたそうです。症状としては、ムチ打ち特有の頚部の緊張感、つっぱり、頚部の痛み、そして頭痛が残存していました。驚いたのは、この症状をまったく聞かれずに、一方的に中止になったということです。冷静にかんがえると、おかしな話です。自賠責保険は、患者さまのお怪我を治すためのもの・・・なのに、患者さまの症状を無視されるのはどうかと思いますね。ということで、鞭打ちはしっかり治しておかないと、『昔、ムチウチしたから、首が痛いんだよ~』という話になりかねません。万が一、交通事故のむちうちに遭われた場合、早期にしっかりとした治療を受けまましょう。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ