ゆめたか整体院【スタッフブログ】

追突事故でむち打ちになったら、まず安静が大事なんです。 | 2011/10/12

暗くなるのが早いこの季節、夕方の追突事故や接触事故が増える時期です。思っていたより暗いので、ライトの点灯が遅れ、見えにくい状態で走行中、思わず追突みたいな感じです。追突の衝撃は大小を問わず、むち打ちになる可能性が高いものです。交通事故でむち打ちになったら、まず安静が大事です。僕の安静時代といえば、小2の頃、腹痛で入院したことがあります。幼少の頃、腸閉塞になったことがあり、それを心配しての入院だったとか・・・。およそ1ヶ月ほど入院していました。退屈だったことと、おかゆしか食べれない苦痛、普通のお米が食べたい!と初めて思った瞬間でした。人間、少し距離が出来ると求めるものなんですよね~。で、1ヵ月もの間、病院で安静?子供ですから、遊んでいたような記憶があります。安静というより、仮病?サボり?みたいな感じでしょうか、今から考えると。

ということで、交通事故でむち打ちになったら、まず安静が大事なのです。追突の衝撃で筋肉や靭帯、関節などを痛めている可能性があるので、しっかりと検査や治療の方向性が決まるまでは、むやみに動かさずに安静が大事です。そして、治る過程で、仕事や家事を始めると痛みが再発する場合があります。これは、筋肉を緊張を取るという治療に対して、筋肉を硬くするという仕事などでの使いすぎが勝ってしまうからです。つまり、ここでも筋肉の緊張がとれるまでは、無理せずに安静、もしくは、痛みが出たら休むを繰り返すほうが無難です。とはいっても、仕事は仕事!休めるもんか!という場合は、筋肉を軟らかくする!ということを徹底的に集中してやることです。仕事で多少、筋肉が緊張しても痛みの出ない範囲まで、筋肉を軟らかくすることです。これならば、痛みの再発も防げそうですよね。むち打ちや交通事故のケガは、まず安静、そして、緊張した筋肉の硬さを軟らかくすることがもっとも重要ということです。

ゆめたか接骨院では、追突事故のむち打ちや、交通事故でのおケガに対する治療を専門的に行っています。現在も多数の方々がご来院中です。むち打ちは早期に治療が後遺症を残さない為にも重要です。万が一、交通事故や追突事故に遭われましたら、ご相談、ご連絡ください。

お問い合わせはこちら  076-493-5660

交通事故に遭われた方のご感想です。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ