ゆめたか整体院【スタッフブログ】

長生きの秘訣とダイエットの秘訣は似ていることを発見しました。 | 2011/07/21

『人生を長生きで健康に過ごすには、何をどのように食べるかである』という食事療法の本を読みました。また同時に、『ダイエットするには食事制限をするのではなく、何をどのようにたべるかである』というダイエット本を読みました。似てないですか?実はこれ、7月の患者向けセミナー(患者勉強会)のネタになっています。この患者勉強会も今回で48回。およそ5年になります。僕にしては続いているほうかな・・・と思います。飽き性というわけではなく、やりたいことが多いので、次から次へとチャレンジしてしまう性格なのです。学生時代のバイトも、喫茶店を2店舗、コンビニを1件、ファミレスの厨房、駐車場管理、そしてもっとも過酷なバイトは、荷揚げです。住宅などに使うボードを、4~5枚もって3階までのぼってあげたりしてました。真冬なのに汗だくになって仕事してました。きつかったので、今でもはっきり覚えています。大工さんはもっと大変なのでしょうね~。ご苦労さまです。という具合に、次々といろんな経験をさせていただきました。今の接骨院は、開業15年。その中で、治療法もあらゆる療法を勉強しましたが、今も尚、勉強中です。なぜかというと、時代の流れとともに、やり方も効果も変わるからです。医療は常に最新を追求されます。最先端医療はとことん進んでいきます。そして、僕らの接骨業界も、柔整マッサージだけでは痛みを最速で取り除くのは厳しい状況です。ですから、それに加えて矯正を加えたり、テーピングを加えたり、いろんな療法を加えて治療を行っているのが現状です。それは、患者さんの痛みを早く治したい思いからのことです。ボキボキというイメージをもってこられる新患さんもおられますが、ゆめたか接骨院の治療はとってもソフトです。それは、まるでメスを使う手術からレーザーを使う手術にかわったようなものです。つまり、痛みを治すための痛みがなく、痛みを治すというものです。複雑になりましたね。結論、痛くない治療で確実に身体の痛みを治します!これが言いたかったのです。ずいぶんと脱線しましたが、我慢する人生よりも、チャレンジする人生が好きということです。

そ~れはさておき、食事は健康にとってもダイエットにとっても重要です。食事の中身もその食べ方もです。消化と代謝に使われるエネルギーは同じものを分けあいます。食べ過ぎて消化にエネルギーをとられると代謝が鈍ります。逆に、消化にエネルギーが使われないと、代謝に十分エネルギーが使われます。食べ過ぎると胃に血液が集中し、脳の血液が不足し、ぼーっとします。お腹が空いてるほうが、脳の働きが良く、いろいろと考えれます。健康で長生きの秘訣は、食べ過ぎないということもありますが、実はこれだけじゃないのです。何を食べるか?が大事です。ダイエットも、食事制限をして成功しても、リバウンドに襲われます。これは、食べれないストレスからです。ですから、食事制限ではなく、何をどう食べるか?です。やっぱり似てますね。長生きの秘訣とダイエットの秘訣は本当に似ているのです。

第48回をむかえるゆめたか接骨院の患者勉強会では、何をどう食べるか?を解説します。参加無料ですが、予約制です。尚、USTREAMでも生中継します。7月22日夜8時~(45分) http://yumetaka.jp のホーム上、もしくは、USTREAMで yumetaka で検索してください。ひとりでも多くの方にみられたら、うれしい~と思う院長でした。

お問い合わせ・ご予約

【ゆめたか接骨院・整骨院】〒939-8211 富山県富山市二口町2-4-4
ページ上部へ